低資金で開業することができる時代|仕事にやりがいを

オフィス

現地法人設立の基本手順

日本と比べて法人税が圧倒的に安く、オフショア所得の課税免除など多くの利点を持つ香港は会社設立に有利な地です。香港で会社を設立するには、商号予約と登記住所の準備・定款作成・銀行口座開設といった手続きが必要です。香港会社設立サポートサービスを利用する場合は、会社秘書役なども代行してもらうことができます。

レジ

様々な種類があります

posシステムは、商品販売やサービス提供する瞬間に多彩な情報収集を効率的に実現します。また、分析手段を組み込んでいることが多く、販売動向の把握等へ簡単に活用できます。従来は50万円程度が相場でしたが、低額な製品も開発されています。

少ない資金で事業を開始

男女

無店舗型ビジネスが有利

全国各地で起業セミナーや起業塾が盛んに開催され、多くの人が独立開業を目指してノウハウを学んでいます。そうした独立開業を成功に導くためにはさまざまな課題をクリアしなければなりませんが、中でも資金の問題に頭を悩ませている人は少なくありません。独立開業には多額の資金を必要とするというのが従来の常識でしたが、現在では低資金で開業できるビジネスモデルも数多く登場しています。開業時に本部から営業ノウハウや商号などを提供してもらうフランチャイズの中にも、業種によっては低資金で済む事例は多く見られるものです。一般に小売店や飲食店など実店舗を整備しなければならない業種ほど多くの資金を必要とするため、フランチャイズ加盟の場合も低資金というわけにはいきません。その点でハウスクリーニング業界や便利屋・修理屋といった無店舗型のビジネスは低資金で開業できるため、フランチャイズに加盟してもそれほど大きな資金負担は発生しないと言えます。学習塾のような教育業界や宅配ビジネス、ネットオークションや通販サイトでの営業を前提とした買取業界なども、小売業や飲食店と比べて資金は少なく済みます。低資金での開業を目指すには前述の無店舗型ビジネスモデルを選択するのがベストの選択肢ですが、ビジネスを成功させるためにはそれなりのノウハウも必要です。事前の入念な市場調査はもちろん、SNSを使った集客やチラシ広告・動画広告の効果的活用方法など、低資金でも安定収益を上げられるテクニックは数多くあります。それぞれの業種や営業形態に合わせた手法を用いることで事業も軌道に乗り、成功への安定曲線を描けるようになるのです。最近では低資金で開業できるフランチャイズをインターネットで手軽に検索できるようになり、開業資金や事業内容等の条件でも比較可能です。特定の業種や営業形態にこだわらないという人は、そうした情報も参考にしてみるといいでしょう。

婦人

外国人観光客を呼び込む

観光業界での「インバウンド」は、外国人観光客が日本に旅行しに来ることを意味し、日本経済に大きなメリットをもたらします。日本の良さを世界に発信し、外国人観光客を呼び込み、満足させる工夫がインバウンド需要を高めます。